“可愛すぎる売り子”ほのか的2017流行語は?

2017/11/18 12:53 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


“可愛すぎる売り子”ことモデルでタレントのほのか(21歳)が、1週間の中で気になったニュースを紹介する「ほのトピ」。今回のラインアップは次の通りです。

[1]10代女子の流行語(J-CAST)
https://www.j-cast.com/2017/11/17314202.html

10代女子向けの情報サイト「マイナビティーンズ」が、「2017ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表しました。

「コトバ」部門は、上から順に「インスタ映え」「熱盛」「〜ンゴ」。「モノ」部門は上から順に「チーズダッカルビ」「ハンドスピナー」「電球ソーダ」となったそうです。

ほのかは「私はいま21歳ですが、この記事を見てすごく共感出来ました」と20代女子的にもフィットしたとのこと。「確かに今年は特に『インスタ映え』をよく使ったなと思います。友人とカフェへ行った時『ここのお店はインスタ映えするよね』などと何かと『インスタ映え』を使っていました」と、自身の生活の中でも“インスタ映え”を多用したと感じているそうです。

また、「私的な2017の流行語は『ナチュカメ』です。笑」。これは「知り合いの女子高生に教えてもらったんですが、盛れる写真アプリではなく、元々携帯に内蔵されているカメラのことをいうみたいです。笑」とのこと、皆さんの2017年トレンドワードは何でしたか?


[2]風邪・インフルエンザ予防に注目されるネバネバ食品(All About)
https://allabout.co.jp/gm/gc/298575/

インフルエンザ予防にはいろいろな対策がありますが、“食べる”ことで予防する方法、特にネバネバ食品が効くと、その栄養成分や働きなどを紹介しています。

ほのかは「私は朝ごはんに納豆を食べることが多いんですが、普段何気なく食べていた食べ物が風邪・インフルエンザ予防になっていたと思うと嬉しいです。これからの季節は特に風邪が流行るので、対策をしていかないといけないですよね。オクラや長いもや山芋などのネバネバ系も大好きなので、積極的に食べていこうと思いました」と、さらなるネバネバ摂取を心に誓ったようです。


[3]「200%ジュース」を飲んでみた(ロケットニュース)
https://rocketnews24.com/2017/11/17/982713/

ある喫茶店のメニューにあった「200%ジュース」を飲んでみた、という記事が掲載されています。200%の意味とは?

ほのかも「最初に200%ってどういうことだろう?」「かなり濃いジュースなのかな?」と思ったそう。ただ、その理由を聞いて納得したようで、「確かにメニューを見ると真っ先に200%ジュースに目が行くなと思います。笑」と感じたそうです。

さて、200%の意味とは。


[4]隣の駅までわずか200m! 「日本一短い駅間」なぜ(乗りものニュース)
https://trafficnews.jp/post/79051

長崎県佐世保市の松浦鉄道にある、“日本一短い駅間”を撮影した動画が公開されています。距離にして200メートル、時間にして45秒で到着するのだとか。

ほのかは「動画を見ると、あまりの駅間の短さにびっくりしました。『商店街直結の駅を造ってほしい』という意見など、地元の声を尊重して新設されていたんですね。松浦鉄道は開業から8年で利用者が1.5倍に増加したということなので、地元の声は貴重なんだなと思いました。200mを45秒なら、競走して勝てるかもしれないです!」とコメントしています。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.