宇多田ヒカル、7年ぶり実写映画の主題歌

2017/09/25 07:15 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


シンガーソングライターの宇多田ヒカルが、12月9日に公開される冒険ファンタジー映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」(出演:堺雅人、高畑充希ほか)の主題歌を担当することがわかった。

2017年は第1弾「大空で抱きしめて」(「サントリー天然水」CMソング)、そして第2弾「Forevermore」(TBS系 日曜劇場「ごめん、愛してる」主題歌)をリリースし、ともに好調なセールスをみせている宇多田。「DESTINY 鎌倉ものがたり」の主題歌には新曲「あなた」が起用される。

宇多田の楽曲が映画とタイアップするのは2012年「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(「桜流し」)以来約5年ぶり、実写映画とのタイアップは2010年公開の映画「あしたのジョー」(「Show Me Love(Not A Dream)」)以来約7年ぶりだ。

映画の公式サイトでは、この楽曲を使用した予告編が先行公開(https://www.youtube.com/watch?v=c6aWdEz8vdc)され、順次全国の映画館でも公開されていく。

宇多田はこの楽曲について「この曲は原作が妖怪みたいな異世界と日常が実は一緒にあるみたい話だっていうことがわかっていたので、そこから仏教系の言葉を使ったりとか、そういったアイデアも取り込みながら作りました。聴いてくれた人が、どんな風にそれぞれ受け取ってくれるのか楽しみな歌です」とコメントしている。

なお、新曲「あなた」の配信リリースは、映画公開前日となる12月8日に決定。宇多田の公式サイトではポーランド出身の写真家マチェイ・クーチャ氏撮影による新しいジャケット写真、アーティスト写真も公開中だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.