名探偵コナン黒い犯人が闇企業の“謎肉”に迫る

2017/09/18 11:32 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


日清食品は9月18日、カップヌードル発売46周年ならびに「カップヌードル ビッグ 帰ってきた謎肉祭W」の発売にあわせ、かねてより“謎肉”という愛称で親しまれてきたカップヌードルの具材「ダイスミンチ」の正体を明らかにするWEB漫画「名探偵コナン 犯人の犯沢さん 〜謎肉の正体〜」を特設サイト(http://www.cupnoodle.jp/nazo/)で公開した。

公開したのは、大人気ミステリー漫画「名探偵コナン」のスピンオフ漫画「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」とコラボしたWEB漫画。同作のキャラクターである「黒い犯人」こと犯沢さんが、謎な存在ゆえに“謎肉”を愛する主人公として、その正体に迫るというストーリーを展開する。

※※※ ※※※ ※※※

謎の存在を好み、“謎肉”を愛する主人公・犯沢さんが野望を秘め、謎に包まれた闇企業・日清食品に入社。最重要機密である“謎肉”の正体をつかむため、会社で成り上がろうと仕事に励む犯沢さんだったが、ある日、コピーを頼まれた企画書を見て“謎肉”の正体をバラそうとする浅はかなキャンペーンの存在を知る。

あまりにも軽々しいその内容に驚愕した犯沢さんは、「謎は謎のまま、そっとしておくのがいい」と直談判したが、そこで宣伝部長から“謎肉”の正体を知りたくないかと持ちかけられ、心が揺れる。

「知りたいような…、知りたくないような…」。葛藤する中、その謎の正体について中々話さない部長へのイライラが限度に達した犯沢さんがとった行動とは……!?

※※※ ※※※ ※※※

「名探偵コナン 犯人の犯沢さん〜謎肉の正体〜」の中で、主人公の犯沢さんがその謎に迫ったカップヌードルの具材“謎肉(ダイスミンチ)”の正体は大豆だった。つまり肉と大豆由来の原料に、野菜などを混ぜて味付けしたミンチが“謎肉”だったのだ。動物由来と植物由来の原材料を合わせた“謎肉”は、来たる世界の食糧危機に対応した「近未来ハイブリッドミート」であることをWEB漫画の中で宣伝部長は高らかに宣言している。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.