浜田雅功のビンタ相手に松本人志「今の社長やで」

2017/07/31 06:35 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功(54歳)が、7月30日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)に出演。かつてマネージャーをビンタしたことがあるというエピソードを語った。

“ダウンタウン 2ショットトーク”として、全編2人のトークで進められたこの日の番組。話の流れの中で、松本人志から「なんでマネージャーを殴るの? 仲間じゃん」と聞かれた浜田は「殴るって、こんなこと(※グーでパンチする動作)はせえへんで、さすがに」としつつも、「細かいこと覚えてないけど、ビンタは覚えてます」と、ビンタの話を語り始めた。

時期的には「全然前です、『ごっつ』やってるくらいじゃん?」。相手のマネージャーは「岡本やもん」と明かすと、松本は「今の社長やで、うちの。いまの社長ビンタしてたの? すげえな」と驚いてみせたが、浜田は「社長なる思わへんやん」とも。

浜田によると、ビンタした理由は「東京駅でずっと待ってたんですよ、ボク。大阪行かなアカンから。あいつチケット持ってるから。『銀の鈴』のところで。全然来えへんねん。やっと30分くらい、走ってきて『すんません〜』って。バッて来た勢いでバーンって。もう何も言わんでいきなり(ビンタした)」と、あくまでもマネージャー側に非があったと主張した。

これに松本は「(ビンタの音は)鈴より鳴ったやろ?」。そして「目撃者だらけやで。今だったら大問題や。もうめっちゃ撮られてアップされて。もうYouTubeで再生回数何十万回」と続けていた。

マネージャーの岡本氏とは、1990年代にダウンタウンのマネージャーを務めていた岡本昭彦氏のことで、現在は吉本興業の関連会社・YDクリエイションの代表取締役社長。ダウンタウンのマネージャーは出世組が多く、ほかに吉本興業社長の大崎洋氏、よしもとクリエイティブ・エージェンシー代表取締役社長の藤原寛氏などがいる。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.