“美声”受け継いだジョニー・デップ愛娘

2017/06/30 08:04 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ジョニー・デップの愛娘リリー=ローズ・メロディ・デップが、映画初主演を務めた映画「コンビニ・ウォーズ〜バイトJK VS ミニナチ軍団〜」(配給:パルコ、ハピネット)で、初の歌声を披露。その様子がわかる本編映像(https://www.youtube.com/watch?v=q-XVhSsUhNw)が解禁となった。

本作はリリー=ローズがやる気のないコンビニバイト店員コリーン・コレット役を演じ、親友で同じコンビニでバイトするコリーン・マッケンジー役を、本作の監督の娘であるハーレイ・クイン・スミスが務めている。

監督は「チェイシング・エイミー」や「ドグマ」などでカルト的な人気を博すケヴィン・スミス。本作ではジョニー・デップの出演もあり、「Mr.タスク」以来の父娘の共演シーンが話題だ。

授業もバイトもやる気のない、でもヨガだけは好きなJK2人がひょんなことから地下に眠っていた“ミニナチス軍団”を呼び覚ましてしまう。目覚めたミニナチス軍団は巨大な怪物を解き放ち、世界侵略へと動きだした。彼らを止めるべく、コンビニバイトのふたりは地球の命運をかけて壮大なバトルを繰り広げる――コンビニで。果たして、やる気のないJKは世界を救うことができるのか――という、ガールズ・ホラー・アクションだ。

リリー=ローズが演じる、やる気のない女子高生コリーン・コレットが唯一頑張っているのがヨガとバンド。実は本作にはそのバンドシーンが度々登場し、リリー=ローズが歌声を披露している。今回解禁となったのはそのバンドシーンの一部。映像で披露しているのは「BABE」という本作オリジナルの楽曲だ。バラード風な曲調にリリー=ローズの可愛らしい歌声が響き渡る。15歳で歌手デビューした母ヴァネッサ・パラディ、もともとは俳優ではなくミュージシャンとしてキャリアをスタートさせた父ジョニー・デップという、ミュージシャンの血を色濃く受け継いだ両親譲りの歌唱力は必見だ。

また、映像の冒頭には劇中でも私生活でも幼なじみのコリーン・マッケンジー役ハーレイ・クイン・スミスとリリー=ローズ本人の幼少期の写真も登場。CHANELのモデルではクールな佇まいの印象が強いリリー=ローズだが、5歳のときから同じ幼稚園に通っている幼馴染ならではのキャピキャピした女子同士の掛け合いにも注目したい。

映画「コンビニ・ウォーズ〜バイトJK VS ミニナチ軍団〜」は7月1日より、新宿シネマカリテほか全国順次公開。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.