KICK THE CAN CREWの14年ぶりアルバム決定

2017/06/19 06:08 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ヒップホップグループ・KICK THE CAN CREWにとって約14年ぶりとなるオリジナルアルバムが、8月30日にスピードスターレコーズから発売されることがわかった。

ニューアルバムは、2004年1月1日に発売した「GOOD MUSIC」以来、13年8か月ぶり。KICK THE CAN CREWは1997年KREVA、LITTLE、MCUの3MCで結成され、2001年シングル「スーパーオリジナル」でデビューした。これまでにシングル15枚、オリジナルアルバム3枚をリリースしている。

数々のヒット曲を生み出し、2002年には紅白歌合戦にも出場するなど活躍したが、2004年6月に活動休止を発表。その後は個々のソロ活動に専念するも、2014年夏に何の前触れもなく「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」にKICK THE CAN CREWが出演した。ライブ活動はその後も行われるも、新作のアナウンスはこれまでなかったが、2017年に迎えた結成20年という節目をきっかけに14年ぶりの新作レコーディングがスタートした。

今作にはKICK THE CAN CREWを知る人であれば誰もが「キターッ!」と思い、自然に気持ちが上がってくるようなポップな仕上がりかつ、3MCのストレートに響く熱い歌詞のかけあいが印象的な、まさにキックにしかできない実に深みを持ったナンバー「千%」(センパーセント)を含む全10曲を収録する予定だ。

KREVAは「地に足が着いた良い作品が出来ました。売れたい!」とコメント。LITTLEは「It's been a long time !! また遊ぼう!」、MCUも「長いことお待たせしました、、、が!ようやく新しいのが出来ました! 引き続きよろしくおねがいします」とそれぞれコメントを寄せている。

なお、この発表にあわせてYouTubeでは「千%」のミュージックビデオも公開(https://www.youtube.com/watch?v=wFKvOPQyVL0)。巨大トラックに溢れんばかりの人々と荷物が乗り込み、まさに“1000パーセント”の状態の車とメンバーが行進していくといった、彼らの生み出すグルーヴと前向きな歌詞を表現したところも見どころの内容となっている。

さらにニューアルバムリリース後の9月7日には、日本武道館にて本格始動を告げるスペシャルイベント「復活祭」も開催決定。出演アーティストも今後続々と発表される予定だ。ちなみに、KICK THE CAN CREW主催で武道館公演を実施するのは2002年11月30日に開催された「LIVE at武道CAN」以来、15年10か月ぶりとなる。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.