30歳高橋大輔の“本音”に迫る

2016/12/02 00:03 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


フィギュアスケーターの高橋大輔(30歳)が、現在発売中の雑誌「家庭画報」1月号(世界文化社)の特集「高橋大輔 今、新たなる飛躍へ」に登場している。

今回登場しているのは、全18ページ・特別両面ポスター付きの特集。現役を引退した後、単身ニューヨークへ旅立ち、ファンをやきもきさせていた彼が、スケートの世界で生きる決意を胸に帰ってきた。30歳になった高橋の“本音”に迫る内容だ。

具体的には、素顔の高橋から、リンクの上の姿、ニュース番組「NEWS ZERO」(日本テレビ系)の裏側にも密着し、キャスターに挑戦する様子も大公開。また、Q&Aでは14問の質問に本音で答えている。

また、「いつの日か、アイスショー専門エンターテイメント集団、カンパニーを設立して、多くのスケーターたちと一緒にショーを作って行けたらと考えはじめています。リンクサイドでお酒でも飲みながら見るアイスディナーショー、いいですよね(笑)」と、未来予想図も語っている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.