新しい可能性「うどんの塩辛」誕生

2016/10/18 09:51 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


「うどんダイニング するり 渋谷駅前店」は、うどんの新しい可能性を切り拓く新メニュー「うどんの塩辛」の提供を開始した。価格は1人前980円(税込み)。

“うどん革命”をコンセプトに掲げ、これまで「うどんめし」「うどんの刺身」などの革新的なメニューを生みだしてきた同店。「1,000年以上も前から行われていた日本古来の魚介類の保存法」である“塩蔵”に着目し、うどんを“塩蔵”したらどうなるのか?との探究心から「うどんの塩辛」が誕生した。

真っ黒な見た目の正体は、アンチョビと細かく粉砕したブラックオリーブ。少し不気味なビジュアルだが、うどんの食感にアンチョビの濃厚なうまみと塩気がしっくりと馴染んだ、意外にも親しみやすい味わいに仕上がっている。具材はうどんなので腹持ちも抜群。さらに、オリーブオイルとアボカドオイルをたっぷりと使用しており、美容と健康にも嬉しい優等生だ。

そのまま食べても美味しいが、ココットに移して火にかけ、ぐつぐつ煮立たせたら「うどんの塩辛バーニャカウダ」に早変わり。胡瓜、蕪、みょうが、キャベツなどの新鮮な生野菜と、サクサク感が特長の“うどんの唐揚げ”をディップするのにもピッタリだという。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.