声が変化する“風船デザート”、米シカゴの3つ星レストランが提供。

2012/02/19 02:22 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


食事が美味しいレストランなら、メインディッシュと共にデザートも大きな楽しみ。定番で言えばケーキやアイスクリーム、フルーツなどが思い浮かぶが、米シカゴの超有名レストランでは、斬新なデザートを提供しているという。そのデザートとは、リンゴ味に仕上げた“声が変わる”美味しい風船だ。

米放送局CBSによると、このデザートはシカゴにある高級レストラン「アリネア」で提供しているもの。同店は英誌レストランマガジンが毎年選ぶ「世界のベスト・レストラン50」で2011年度6位に選ばれたほか、「ミシュランガイド」シカゴ版で3つ星を獲得した店としても知られ、斬新なアイデアで客を喜ばせる創作料理やデザートを提供している。そんな“全米一”の呼び声も高い「アリネア」がこのほど新たに考案したデザートが「Edible Balloon(食べられる風船)」だ。

いったい「食べられる風船」とはどのようなものなのだろうか。同店は新デザートの調理過程を紹介した動画「Edible Balloon」(http://www.youtube.com/watch?v=cGMCmbLq2qs)をYouTubeに公開している。シェフがリンゴ味の白い飴状の液体をチューブの先に付け、そこにガスを注入。膨らんだ“風船”をチューブから切り取り、乾燥リンゴで作った紐に付ければデザートは完成だ。

そしてテーブルの男性のもとに運ばれ、男性が風船の中のガスを一気に吸うと、その声はアヒルのような声に――そう、この風船はヘリウムガスで膨らませているため、味のほかにちょっとした遊び心も楽しめるデザートになっているというわけだ。

ちなみに新デザートに限らず、舌と目を喜ばせる創作メニューの数々で世界的な評価を得ている「アリネア」はかなりの人気で、現在、数か月先まで予約待ちの状態。その味を楽しむには辛抱強く待つ必要があるようだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.