牧野真莉愛「今でも結婚したいと思っている野球選手」への愛を叫ぶ

2024/07/04 05:38 Written by ナリナリ編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


アイドルグループ・モーニング娘。の牧野真莉愛(23歳)が、6月30日に放送されたスポーツ番組「ABEMAスポーツタイム」(ABEMA)に出演。「今でも結婚したいと思っている野球選手」への愛を叫んだ。

番組には今回、アイドル界屈指の“野球好き”で知られる牧野が初出演。大谷翔平選手とともに「三冠王に近い」と言われている、ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ選手の魅力を、牧野がプレゼンした。

牧野は「今でも結婚したいと思っている選手」とジャッジ選手を紹介し、ジャッジ選手が所属するヤンキースとボストン・レッドソックスによる乱闘の一幕を再現した“自作イラスト”を披露。

その上で「リアルタイムで中継を見ていたら、乱闘が始まった。その時に、ジャッジが1番最初にベンチから出てきて、『こっちに来るな!』とチームメイトのジョー・ケリー投手を守った。この姿を見て、『ジャッジってめちゃくちゃ紳士でカッコイイ!』と大好きになりました」と“ジャッジ愛”を語った。

さらには「この乱闘相手の横浜DeNAベイスターズのタイラー・オースティン選手は“恋のキューピット”だから、『ありがとう』って言いに行かないと。このシーンのおかげでジャッジを好きになったから」と満面の笑みで語り、笑いを誘った。

牧野の自作イラストに、元メジャーリーガーの川崎宗則は「すごい上手い!」と絶賛。また、川崎も「ジャッジは誰に対しても優しい。僕がマイナーリーグで会った時も、『What's up, KAWA?』と挨拶してくれて、日本人1人で心細かったからすごく嬉しかった」と頷いた。

そのほかにも、牧野は私物の野球グッズの中から厳選したジャッジグッズを持参。その中にユニフォームが含まれていないことを指摘されると、牧野さんは「ヤンキー・スタジアムに行った時に買おうとしたけど、『ジャッジ本人に貰おう!』と思った。自分で買うモノじゃないなって(笑)」と、“まりあ節”を炸裂させた。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.