銀魂とナルトの“美濃焼”豆皿、バンダイの伝統工芸コラボ商品新作。

2016/05/30 11:41 Written by ナリナリ編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


バンダイは5月30日13時から、アニメ「銀魂」「NARUTO-ナルト- 疾風伝」と岐阜県の伝統工芸である「美濃焼」がコラボした豆皿「銀魂 〜攘夷四季〜 美濃焼豆皿セット」と「NARUTO-ナルト- 疾風伝 -万華鏡写輪眼- 美濃焼豆皿セット」の予約受付を、公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で開始する。価格は各4,320円(税込み/送料・手数料別途)。

今回登場するのは、岐阜県の伝統工芸「美濃焼」とアニメ作品のコラボ商品企画第2弾。直径約70ミリの豆皿4枚と豆皿立て4個のセットで、専用の桐箱も付属する。食卓に彩りを添えるだけでなく、部屋のインテリアとしても楽しめるアイテムだ。

「銀魂 〜攘夷四季〜 美濃焼豆皿セット」は、作中で“攘夷四天王”と呼ばれる人気キャラクター、「白夜叉」坂田銀時、「狂乱の貴公子」桂小太郎、「鬼兵隊総督」高杉晋助、「桂浜の龍」坂本辰馬の4人を、彼らが戦った攘夷戦争後期の四季をモチーフに「美濃焼」で表現。春を銀時、夏を桂、秋を高杉、冬を坂本がそれぞれ1枚ずつ担い、その季節・人物像を、彼らを取り囲む紋様で表している。

“最も親しい友を殺すこと”で開眼するとされる、うちは一族の力と業の結晶「万華鏡写輪眼」――「NARUTO-ナルト- 疾風伝 -万華鏡写輪眼- 美濃焼豆皿セット」では、“うちは”の名を持つ「うちはサスケ」「うちはイタチ」「うちはオビト」「うちはマダラ」それぞれの瞳を、万華鏡写輪眼使用時のデザインで「美濃焼」の豆皿に焼き付けた。

1枚ごとデザインされた4者4様の独特な赤と黒のコントラストが、深く視る者を引き込んでいく。また、うちはの家紋が箔押しされた桐箱も付属するため、まるで“うちはの業”を封印するようなイメージで収納ができる。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.