“ゴクミ”こと後藤久美子が、9月28日発売の雑誌「Richesse(リシェス)」で、長女のエレナ アレジ 後藤さんと初共演していることがわかった。母娘はブルガリのハイジュエリーをまとい、表紙などに登場。エレナさんはこれがメディアデビューとなる。

「Richesse」は、雑誌「25ans(ヴァンサンカン)」のラグジュアリーな世界観をより高めた究極のハイエンドマガジン。今回、2人は圧巻のドレス姿で表紙を飾り、全6ページにわたる特別インタビューに登場している。

パートナーである元レーシングドライバーのジャン・アレジ氏と家族をもうけ、現在はスイスとフランスで暮らす後藤久美子。20歳を迎えたエレナさんは、今秋ロンドンの映画学校を卒業し、年末には来日してモデルや映像の仕事に挑戦したいと夢を描いている。

美しき母娘の初共演となった撮影地はイタリア。ヴェネツィアのサン・マルコ広場のカフェ「フローリアン」やブルガリのブティックで初めての撮影に挑んだエレナさんを、後藤は笑みを絶やすことなく温かく見守っていたという。

後藤は「ああ、こんな服やジュエリーも似合う年齢になったんだな、と改めて思いますね」と言いながら、「お父さんに送らなきゃ」と娘の姿を携帯でパシャリ。エレナさんは初のモデル経験に臆することなく、「お母さんと一緒に写真を撮られるなんて嬉しい!」と無邪気に喜んでいたそうだ。

エレナさんは母について「母から受け継ぎたいものがあるとしたら、それは家族へ捧げる愛。いつか私も母になる日が来たら、彼女のようになりたいと思う。ずっとずっと憧れです」、そんな言葉に母は「(私とは)別の人生をエンジョイしてほしいな、と思う。私とは性格的にまったく違うけれど、だから面白い。彼女の人生を見ることで、もしかしたら歩めたかもしれない別の人生に触れられるようで、それも面白いのです」とコメントしている。

なお、「25ans ONLINE」(http://sp.25ans.jp/bulgari/201709/)では、本誌発売日の9月28日午前から、2人のインタビュー動画を公開する予定だ。