Narinari モバイル

“麺すすり音”隠す前代未聞のフォーク爆誕
10/23 10:41 ナリナリ編集部


日清食品は10月23日から、麺をすする音のカモフラージュ機能を搭載したフォーク「音彦」のクラウドファンディングによる予約販売受付を、日清食品グループ オンラインストアで開始した。

ニュース 写真

ニュース 写真

「音彦」は、“ヌードル・ハラスメント”に着目した前代未聞のフォーク。不快とされる音に心地よい別の音をかぶせることで快適な時間を作り出す「音姫(おとひめ)」(※TOTOのトイレ用擬音装置)に着想を得て開発をスタートしたこのフォークには、搭載された高性能集音マイクが麺のすすり音を感知し、近距離無線通信を通じて信号をスマートフォンに送信することで、専用アプリから心地よい音が流れ出し、麺のすすり音をカモフラージュする仕組みだ。

ニュース 写真

サウンドディレクターには、自然音から紡ぐ楽曲で「森の木琴」「シンフロ」「湯〜園地」など数多くの話題作を手掛ける音楽作家、清川進也氏を迎えた。

訪日観光客が増える中、“麺を音を出してすする”という行為について、価値観の違いにより生まれる軋轢=“ヌードル・ハラスメント”問題の解消にも寄与する画期的な商品となっている。

ニュース 写真

なお、「音彦」はクラウドファンディングによる予約販売商品のため、12月23日までに5,000個に達した場合にのみ販売。価格は14,800円(税込み)。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com