Narinari モバイル

“目にタトゥー”が失敗、紫色の涙流し後悔
09/29 19:23 ナリナリ編集部


若気の至りで片目を傷つけ、“紫色の涙”を流して後悔する女性が話題を呼んでいる。

ニュース 写真

カナダでモデルをしているというギャリンジャーさんは、これまでも身体にいくつかタトゥーを入れていたが、目にもタトゥーを入れようと思い立ってしまう。眼球の周囲を覆う強膜に液を入れる“身体改造”は欧米で流行を見せているが、彼女は失敗してしまった。

すぐに目から紫色の涙が流れ始め、痛みと共に視力が失われていく。病院に駆け込み点眼薬を処方されるが、まぶたは大きく腫れ上がり、痛みは取れない。その後ステロイド剤を投与されたが、今度は副作用で紫の液体が角膜内で固まってしまうようになったという。

医師は今後快方に向かうことはなく、失明の可能性もあるとギャリンジャーさんに宣告。失意の中、自分のような過ちを人にさせてはいけないと、自身のSNSなどで自分に起こったことや後悔を伝えている。

ネットでは「人は過ちから学ばなければならない」「かわいそうだが自業自得ともいえる」「タトゥーはもっと問題視される必要があるのでは」「人間も自然淘汰されるべき」「痛たたた」というように同情しつつも厳しい意見が多く寄せられているようだ。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com