Narinari モバイル

「ターミネーター」サラ・コナー役の続投決定
09/23 17:44 ナリナリ編集部


リンダ・ハミルトン(60歳)が、「ターミネーター」シリーズの最新作第6弾でサラ・コナー役を続投する。ジェームズ・キャメロン監督が手掛けた1984年公開の「ターミネーター」でリンダは、近未来、機械軍に対抗する人類抵抗軍のリーダーであるジョン・コナーを生むことになるサラ役を演じており、サラはジョンの誕生を阻止しようと未来から送り込まれたサイボーグのターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)によって追われることになる。

ニュース 写真

第2弾となる「ターミネーター2」ではリンダがサラ役を続投したが、2015年公開のリブート作品「ターミネーター:新起動/ジェニシス」では若かりし頃のサラをエミリー・クラークが演じていた。

今回シリーズ最新作となる第6弾のメガホンを取るティム・ミラー監督のクリエイティブ・コンサルタント兼プロデューサーとして参加するキャメロンは、リンダがサラ役で復帰、シュワルツェネッガーも続投することをハリウッド・リポーターにて明かしている。

さらにキャメロンは同シリーズを次世代に引き渡せるようにと若手の俳優を探しているところだと話した。

「新たなストーリーの中心となる18歳くらいの女優を探し始めたところだよ。また時空を超えるんだ。未来と現在からのキャラクターが登場するよ。ほとんどが新しいキャラクターだけど、アーノルドとリンダのキャラクターも登場するよ」

新作の内容は明かされていないものの、ミラーとキャメロンは新作を「ターミネーター2」の続編として位置付けていると報じられている。キャメロンは第1弾に続いて第2弾でも監督を務めたが、2003年公開「ターミネーター3」、2009年「ターミネーター4」、2015年「ターミネーター:新起動/ジェニシス」には参加していない。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com