Narinari モバイル

「あいのり」新作は“昔のまま”と太鼓判
09/08 05:06 ナリナリ編集部


タレントのベッキー(33歳)が9月7日、自身のInstagramで、恋愛観察バラエティ番組「あいのり」の新作を収録してきたと報告。その内容に太鼓判を押している。

ニュース 写真

1999年10月から2009年3月まで9年半にわたってフジテレビの地上波で放送され、平均視聴率は23時台としては異例の15.3%、最高視聴率は20.4%(2002年2月28日)を記録した人気番組「あいのり」。地上波放送終了後も、CSで「あいのり2」「あいのり2Z」が放送されたが、今年3月、Netflixにて新シリーズ「あいのり REBOOT(仮)」を配信することが発表されていた。

そんな同番組のメインMCを務めるのがベッキー。この日、Instagramでは「『あいのり』の収録してきました。詳しい情報などは後日お伝えするとして」と前置きした上で、収録の感想を「最高でした。ただただ楽しかったです」と報告した。

具体的には「何がうれしいって、昔のままなんです。あの、あいのりの空気感がそのままなんです。私は、いち、あいのりファンとして“あんまりリニューアルしないでほしいなぁ…”と思ってました。ひょっとしたら同じことを思っている方もいるかもしれませんが。そこらへん…大丈夫です。大丈夫どころか、とにかく最高」と、ファンが抱いているであろう懸念を払拭した。

また、「あと、驚いたのは、10年以上前に流れていた『あいのり』ですが、この番組が、ぜんぜん古くないこと。むしろ今の時代にぴったりなんじゃないかなって。若い子たちにもぜひ観ていただきたいです」と続けた。

収録はよほど楽しかったのか、「ああ。本当に、うれしくて、たのしくて、幸せで、わくわくで、泣けちゃう収録でした。大好きだった番組に出させていただけるなんて、うそみたい。『あいのり』さんへの片思いが実ったような感じ。しつこくてごめんなさい。ありがとうございます。心から感謝しています」とも。

最後は「長々と、はしゃぎながらの拙い文章、そして時折やってくる上から目線、大変失礼いたしました」と、文面からも興奮の様子が伝わる投稿を結んでいる。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com