Narinari モバイル

アッシャー性病問題拡大、さらに男女3人が提訴
08/09 10:23 ナリナリ編集部


米歌手のアッシャー(38歳)が、性病を患っていたことを隠していたとして、2人の女性と1人の男性から提訴されている。

ニュース 写真

最近になって、ある女性が「2012年にアッシャーから性器ヘルペスをうつされた」として訴えた件で、アッシャーが110万ドル(約1億2000万円)を支払ったことが明らかになっていたが、現在、弁護士のリサ・ブルーム氏は同様の被害に関する訴訟を3件取り扱っているそうだ。

2人の原告はジェーン、ジョーと匿名で非公開となっているが、3人目のクアンタジア・シャープトンさんは、自身の19歳の誕生日に「アッシャーと関係を持った」とし、その夜の詳細について弁護士同行のもと、次のように明かしている。

「数年前、アッシャーのコンサートに友人と私の誕生日を祝うために行きました。私は誕生日用の冠を被っていたこともあって、ショーが始まる前にステージ裏に入ることができたのです。その後、警備員が私の電話番号を尋ねてきて、アッシャーが私に興味を持っていると伝えてきました。ホテルに帰ってから本人から非通知で電話がかかってきて、1時間後には性的関係を持ったんです」

その後、クアンタジアさんは報道を知って、自身には性病はうつされなかったものの、本人から何も知らされておらず、女性としての権利を踏みにじられたとして、弁護士に連絡を取ったとのだという。

今回の件に関してブルーム氏は、アッシャーに対し、「法律上、性器ヘルペス感染者はパートナーに対して感染していることを伝え、セックスを控えなくてはいけません。これが唯一の選択です」「もしアッシャーが事実ウィルスに感染していたのでしたら、私の3人のクライアントは彼が性的関係を持つ前にこのことを明かさなかったとして訴えるでしょう。少なくともクライアントの1人は性病検査をしており、うつしたのはアッシャーだと言っています。病院の検査が真実を語るでしょう」と述べている。

またRadarOnline.com が入手したクアンタジアさんの訴訟に関する文書にはこのように記されている。

「原告は著しい精神的ストレス、出産を困難にさせたこと、性病に感染しているかもしれないことからのうつや不安を患っていました」
「原告の子どもの健康がアッシャーからの性器ヘルペス感染により損なわれていたかもしれないのです」

一方のクアンタジアさん本人は「私は陰性だったけど、もし知っていたらこの不治の病がうつる可能性のあるリスクなんておかさなかったと思います」「自分の健康はとても大事ですし、今、私は母親でもあります。人権が侵害されたと思っています」と述べ、性病が陽性であるなら今後のパートナーにはそのことを伝えるべきだとアッシャーに訴えかけている。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com