Narinari モバイル

チップ払わなかった客に4ページの“脅迫文”
08/08 05:22 ナリナリ編集部


チップを払わなかったところ、配達ドライバーから4ページにもわたる苦情を送りつけられた女性がいるようだ。

ニュース 写真

米国のこの女性は先日、ピザのデリバリーを頼んだものの、小銭を持ち合わせていなかったため、ドライバーにチップを渡せなかったことがあったそうで、その結果驚くべきメッセージを受け取ったという。

実際の手紙の写真を掲載したフェイスブックへの投稿にはこう書かれている。

「昨日、帰ってきたらピザ屋の配達ドライバーから4ページもの手紙が玄関口に置かれていた。これは最後の2ページだけど、一番怖いところ。私はこの人が(デリバリーサービスの)ポストメイトのスタッフだと分かっているわ。だって過去2か月間において、私が頼んだピザの配達はそこからだけだから」
「(写真に掲載されていない)最初の2ページでは、その男性が、先週私の家にピザを届けに来たと書かれているし。私はその男性を突き止めて警察に通報したわ。もちろんポストメイトにも届け出たけど、連絡もなければ対応も一切なし。この会社はプライバシーポリシーを尊重していないし、明らかにドラッグを使っていて、配達の1週間後に4ドル(約440円)のチップを奪い取ると脅すようなスタッフを雇用しているということをみんなに伝えたかったからここに投稿しているの。私は今、その日食べていくお金もないような配達ドライバーが突然現れて何をしでかすか分からない恐怖におびえているわ」

その手書きの手紙には、スタッフにチップをあげるようにという訴えと、次にその女性の元に配達しにくるようなことがあった時には余分にお金を払わないと強奪するという内容が“冗談”として書かれている。

そこには「次回は配達ドライバーにチップをあげてください。それがまた僕であって、またチップをくれないのであれば、恐らく強奪しますから」「冗談ですけど、完全にではありません。リスクは冒さないほうがいいですよ。その日の食費も払えないような、チップをもらえなかった配達ドライバーが何をするかは分かりませんからね」「とにかく僕の言葉を読んで、ケチらないように」「僕はちょっとハイなので、気分を保つためにもあなたのお金が必要なんです」と書かれている。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com