Narinari モバイル

冗談で赤の他人に求婚ツイート、3年後本当に結婚
07/08 06:31 ナリナリ編集部


いまから3年前、ツイッターで見ず知らずの他人に冗談のプロポーズをした女性が、その相手と本当に結婚した。

ニュース 写真

リア・アポストロウさんは2014年、姉妹の結婚式に出席する際に、一人では行きたくなかったため、全くの他人に「自分の夫のふりをして欲しい」と冗談で頼んだという。当時リアさんは「あなたは男の人? 来週末の結婚式に一緒に来てくれないかしら? もし私の子どもって言えるような赤ちゃんを連れて来れるならボーナスポイントをあげちゃうわ」とツイッターに投稿した。

それに対してフィル・ギブソンさんが返答。「スーツを着て式に出席してもいい」と答えたという。

そのやり取りは冗談で、2人は式に一緒に出席することはなかったものの、後日2人は実際に会うことを決め、3年の時を経て今回めでたく結婚するに至ったとのことだ。

リアさんは7月5日にツイッターで自身の結婚を報告している。

「始まりはほぼちょうど3年前……フォロワーのみんな、聞いて。私、彼と結婚したの」
「言っておくけど、あの結婚式には一緒に行かなかったわ。(私の姉妹の結婚式だったんですもの!)でもフィルと私はすぐその週に初めて会ったの」
「会ったこともないのに彼に結婚して欲しいって冗談で言ったことが実現しちゃったのよ。自分でもまだ驚いているわ」




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com