Narinari モバイル

京王電鉄16年ぶり新型車両、9月通常列車デビュー
07/07 22:24 ナリナリ編集部


京王電鉄は9月29日から、16年ぶりの新型車両となる5000系の通常列車としての営業運転を開始する。

ニュース 写真

5000系は、2018年春に運行を開始する有料の座席指定列車で使用する新型車両。今回はそれに先駆け、9月より通常列車として先行デビューすることが決定した。

ニュース 写真

車内には、クロスシートとロングシートの両方に転換できる座席を搭載。座席指定列車の時はクロスシート、通常列車の時はロングシートにして運行する。

ニュース 写真

外観は、これまでの京王電鉄にはなかったシャープな正面形状を採用し、既存車両との違いを明確にするとともに、正面のカラーリングに黒を用いてスマートな列車を表現した。

ニュース 写真

また、内装は「高尾山」の木々の深いブラウンと、「繊維の街・八王子」の絹糸をモチーフにしたデザインの座席を採用。上質さを演出するとともに、既存車両に比べ座席幅を広くすることにより、ゆったりとくつろぐことができる空間を創出している。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com