Narinari モバイル

キンキンに冷えた状態知らせる「コカ・コーラ」
06/19 09:55 ナリナリ編集部


コカ・コーラシステムは6月19日から、キンキンに冷えた状態を知らせる“コールドサインボトル”採用の「コカ・コーラ」を発売する。

ニュース 写真

このボトルは、暑い夏の日に飲むキンキンに冷えた「コカ・コーラ」のおいしさを伝えるサマーキャンペーンのキーアイテムとして登場するもの。

あらかじめ設定した温度になると発色する示温インクをパッケージラベルに使用し、ボトルが冷えるとラベルの氷のイラストが浮き上がるように変化する。「コカ・コーラ」がおいしく楽しめる温度になったことをビジュアルでダイレクトに伝える、夏にぴったりのボトルだ。

このキャンペーンに伴い、全国のスーパーマーケット、ドラッグストア、量販店では、コカ・コーラ社のPETボトル製品をどれでも4本まとめて購入すると、冷たい飲料を注ぐとデザインの色が変わる「コールドサイングラス」を1個プレゼントする企画も実施。キンキンに冷えた「コカ・コーラ」を飲むひとときをさらに楽しくする、ロゴ入りのオリジナルグラスだ。

ニュース 写真

なお、北海道・青森県・岩手県・秋田県では、同じく6月19日から、冷やすと氷のイラストが浮き上がり、キンキンに冷えた状態が分かる「コカ・コーラ」サマーデザイン(350ml缶)を発売する。

ニュース 写真






一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com