Narinari モバイル

スパイダーマン役トム・ホランドはクモ大嫌い
06/19 04:53 ナリナリ編集部


トム・ホランドはクモが苦手のようだ。トムといえば、日本で12月23日公開予定の映画「スパイダーマン:ホームカミング」で主人公のスパイダーマンことピーター・パーカー役が話題となっているが、本人はあの8本足の生き物をコソコソしていて気持ち悪いと語っている。

ニュース 写真

「僕はクモが苦手だよ。やつらはコソコソしていてただ怖いんだ。毛むくじゃらだし、ああ、考えれば考えるほど怖くなる。だから普段はクモなんて怖くないと言い聞かせているよ」

一方でトムが「白鯨との闘い」で共演し、マーベル・シネマティック・ユニバース内でマイティー・ソーを演じるクリス・ヘムズワースが、同じくマーベル作となるスパイダーマン役に向けてトムがオーディションを受けた時には「あまり助けにならなかった」と明かした。

News.com.auに語ったところによると、「彼にメールしたときのことを覚えているよ。『やぁ、クリス、調子はどう? 僕がスパイダーマンのオーディションを受けたところだってこと言っておこうかと思って。何か良い意見をもらえたら嬉しいな』って送ったんだ。するとクリスからはこう返信が来たんだ。『そうだなぁ、じゃあ僕からプロデューサーに君がいつも遅刻することと、台詞も覚えてこないってことを伝えておくよ』ありがとう、クリス」

しかしトムは後に、クリスが実はマーベル・スタジオのケヴィン・フェイグ社長にトムを推してくれたとフォローを入れていた。

そんなトムは先日、同作でのスタントシーンでのハプニングにより顔面を殴られたことも明かした。

「僕はそのパンチをかわすはずだったんだけど、見えなかったんだ。彼は大きな鉄のナックルみたいのをはめていたんだけど、それをつけたまま信じられないくらい強い力で僕は顔を殴られたんだ」

不運なアクシデントに見舞われたトムは、その原因がスパイダーマンのコスチュームにあると指摘しており、マスクを装着しているときにどれほど視界が限られているかについて「正面が5フィート(約152センチ)ほど見えるだけで、他の角度なんてまったく見えないんだよ」と説明している。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com