Narinari モバイル

カラテカ矢部、直近3か月の意外な?月収告白
06/16 07:07 ナリナリ編集部


お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎(39歳)が、6月15日に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)に出演。直近3か月の月収を告白した。

ニュース 写真

「進ぬ!電波少年」(日本テレビ系)をはじめ、かつては民放キー局の番組にもしばしば出演していた矢部。2007年3月には気象予報士の資格を取得し、活動の幅を広げていたが、近年は全国放送のテレビ番組ではあまりお目にかからなくなってきた。

相方のカラテカ入江はテレビのほか、講演会などの副業合わせて月収は160万円以上とも言われるが、この日番組では、矢部の月収についても話が及んだ。

矢部は、“リアル”な月収として、先々月、先月、今月の月収について「65万円、47万円、45万円」と告白。相方とは“格差”があるものの、それでもお笑い芸人としては安定して稼いでいるほうだと言える。

その収入源は、実は山梨のローカル番組への出演だった。東京都東村山市出身の矢部は山梨とは縁もゆかりもないが、「山梨県担当のマネージャーさんが(僕の)元マネージャーで、そのコネ」で山梨ローカルで放送されている帯の情報番組に出演。チャンスを活かし、局地的にブレイクを果たした矢部は、いまや県から「やまなし大使」に任命されるなど安定した仕事を得ているそうだ。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com