Narinari モバイル

家に虫が出た! ひとり暮らし女性はどうする?
05/18 11:06 ナリナリ編集部


防虫アイテムを製造・販売するダイオ化成は、本格的な虫の発生シーズンを前に、ひとり暮らしの20〜30代の独身女性600人を対象に「防虫と生活に関する意識調査」を行い、その結果を公表した。

ニュース 写真

調査ではまず、「あなたは部屋の中で虫を見たとき、どのように対処したいと考えていますか?」と質問。結果、「逃がしたい」(19.5%)、「できるだけ逃がしたい」(28.8%)と、約2人に1人にあたる48.3%が「退治するよりも逃がしたい」と回答した。

ニュース 写真

また、 「ホウキなどで外へ追いやる(逃がす行為)」と、典型的な対処方法として、多くの人が想起しやすい「スリッパ等で叩く(退治する行為)」それぞれについて、その活用意向をたずねた質問では「逃がす行為」が「退治する行為」より、約2.3倍も高く支持される結果に。2人に1人が「退治したい」と答えた虫だが、その行為は決して本意ではないのかもしれない。

ニュース 写真

そして「あなたは生きている虫(アリやイエグモなど)を直接触ることができますか?」との質問では、81.7%が「できない」と回答。また、「部屋の中に1cm以上の虫(ゲジゲジやイモムシなど)がいると気付いたとき、どのように対処しますか?」との質問では、「防虫スプレー」(44.7%)に次いで挙げられたのが「ティッシュでくるみ、外へ捨てる・逃がす」(33.0%)、「ホウキなどで外へ逃がす」(29.8%)と、退治派よりも逃がす派のほうが多い結果となった。

ニュース 写真

ニュース 写真

こうした虫と対峙した瞬間に、ふと「逃がしてあげたい」と願ってしまう女子のことを、同社は「スイープウーマン(スイマン)」と命名。具体的に「なぜ逃がすのか」についても、自由回答で意見を募った。

「触りたくもなく、殺した後の処理を考え、長い棒などを使って外へ逃すのが一番無難だから」(20代)
「あまり殺したくないし、でも直接触りたくないので、他の物を使って逃がす」(20代)「どんな虫かわからないこともあるので、直接触れずに外に逃がすため。 家の中で退治するのは後の掃除が嫌だし気持ち的にも良いものではないから」(30代)
「壁のほうや窓の方へ追いやって殺さずに外に逃す方が罪悪感もなくなるしいいと思った」(20代)
「たまたま人間の家に入っただけで殺すのは偲びないから」(30代)
「なるべく自分の体に当たらないようにして外へ出したいから」(20代)




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com