Narinari モバイル

“サメと全裸で写真”大炎上、犯人捜し続く
05/12 11:16 ナリナリ編集部


釣り上げたであろうサメと、全裸になって一緒に写真撮影をした男性が物議を醸している。

ニュース 写真

英国の野生動物番組の司会者が、先日、サメと全裸になった男性の写真を自身のSNSに掲載した。狩猟などで自分が仕留めた獲物と写真を撮影することはよくあることだが、全裸で撮影することは「動物への冒涜ではないか」と糾弾。

さらに、「写真の人物は何者か」と問いかけたところ、アメフトの監督やサンドイッチ・チェーンの社長に似ているといった書き込みが相次ぎ、炎上の様相を呈しはじめた。疑惑となった人物たちは全裸になってサメと写真を撮影したことはないと否定しており、現在も“犯人”捜しが続いていると、欧米の複数メディアが報じている。

ネットでは「何と愚かな」「これがダメなら釣った魚と写真撮るのは全部ダメにならないか」「サンドイッチ・チェーンの社長そっくりだけれどなあ」「違法というわけでもないだろうし、いじめに近い気もする」「見苦しいのは事実だ」といったコメントが寄せられている。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com