Narinari モバイル

ロック様、米大統領選立候補を真剣に検討
05/12 07:41 ナリナリ編集部


ドウェイン・ジョンソン(45歳)が、米大統領選挙へ立候補する意欲を見せている。ドウェインは過去1年間で、アメリカを動かしていくために政治の世界へと足を踏み入れることをより一層考え始めたのだという。

ニュース 写真

ドウェインは「大統領選に立候補する可能性は大いにあるだろうね」「1年前くらいから、どんどんそういった事を考えるようになってきたんだ。それは真剣そのもので、家に帰って『自分の答えを考え直して、真実で敬意のある回答を言えるようにしなくては』と考えるようになったんだ」と語る。

さらにドウェインは、国民のために責任を負うことができる、自信あるアメリカのリーダーになることができるだろうGQ誌のインタビューに続けた。

「個人的にだけど、僕が大統領になるとしたら、バランスが大切だと思うんだ。それにリーダーシップも大切だね。みんなの責任を負うことになるからね。もし何かに対して誰かと意見が合わないとしても、僕は彼らを黙らせたりはしないよ。彼らを含めて考えることになるだろうね」
「まずは一緒に座って話をしなくてはいけないよね」
「僕らはみんな問題を抱えているわけだから、一緒に解決していかなくてはいけないんだよ。誰かを黙らせるようなことをしないということが良いリーダーの素質の1つだと思うんだ。だから意見が食い違ったとしても、一緒に解決していかないとね」

そして、ドウェインが出演する「ワイルド・スピード」シリーズを製作するNBCユニバーサルの会長ロン・メイヤー氏は、“そのとき”が来たら間違いなくドウェインに投票するだろうと語っている。

「彼が大統領選に立候補するときがきたら、彼はおそらくその目標を達成するだろうね。彼に出来ないことはないもないと思うんだ。なんの疑いもなく、僕は彼に投票するよ」




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com