Narinari モバイル

「ハイボールはカクテル」半数以上が認識せず
05/11 11:01 ナリナリ編集部


MHD モエ ヘネシー ディアジオは、5月13日の“カクテルの日”を前に「カクテル最旬リサーチ」を実施。その結果を公表した。

ニュース 写真

この調査は、20代〜40代のビジネスパーソン男女600人を対象に行われたもの。近年、人気が高まっているハイボールについて、「ハイボールがカクテルの一種であることを知っていたか?」と質問したところ、半数以上にあたる53.8%が「知らなかった」と答え、カクテルに馴染みのある人(※この調査対象者は全員、カクテルの飲酒頻度が「週に1以上」)でも、2人に1人が誤認していることが判明した。「カクテル」と「ハイボール」は、それぞれ異なるジャンルという一般認識が広がっているようだ。

ニュース 写真

また、「カクテルをよく知っている・詳しい人は、カッコイイと思いますか?」と聞いたところ、「かなりそう思う」(39.2%)、「まあまあそう思う」(43.5%)を合わせた、82.7%の人が「カッコイイ」と回答。カクテルは、その「種類」や「組み合わせ」が豊富であるがゆえに、見聞きしたことのない商品と出会うこともしばしばあり、実際、その経験有無についても全体の80.3%が「ある」と答えた。歴史が深く、専門性の高い領域だからこそ、バーテンダーや詳しい友人を「カッコイイ」と感じる側面があるのかもしれない。

ニュース 写真

では、具体的に「好きなカクテル」はどのようなものが支持されているのだろうか。「好きなカクテル」を挙げてもらったところ、1位「カシスオレンジ」(54.8%)、2位「ハイボール」(54.3%)、3位「スクリュードライバー」(42.8%)、4位「カルーアミルク」(42.0%)、5位「ジントニック」(41.2%)という結果になった。

ニュース 写真

さらに、この調査では「カクテルの魅力」についても聞いている。その結果、「種類が豊富」(62.0%)、「いろんな楽しみ方がある」(54.3%)、「美味しそう」(42.8%)がトップ3に選ばれた。

そして「カクテルづくりへの意向」について聞いた「自分でカクテル、作ってみたいですか?」との質問では、4人中3人にあたる75.4%が「自分で作ってみたい」と回答。その意向は高いこともわかった。

ニュース 写真

作る人の技量が問われるマティーニのようなカクテルは、実際に作るとなるとハードルが高いものの、ウイスキーを炭酸で割るだけのハイボールのようなカクテルはバーベキューや宅飲みなど、様々なシーンに浸透している。新しい飲み方を取り入れるなら、“手に届く範囲”で、苦労せず、心地よく味わいたい。そんな消費者像が垣間見える結果となった。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com