Narinari モバイル

姿現したシリーズ最新作の“エイリアン”
05/10 09:07 ナリナリ編集部


シリーズの“生みの親”であるリドリー・スコット監督が再びメガホンを執った最新作「エイリアン:コヴェナント」。その日本版ポスターが、このたび解禁となった。スコット監督が特別に許可したというビジュアルでは、ついにエイリアンの姿が明らかにされている。

ニュース 写真

日本で制作されたこのポスターに描かれたのは、衝撃的なエイリアンの姿。まるで胎児のような姿に加えて、さらに恐怖を増長させるのは、“絶望の、産声。”というキャッチコピーだ。

スコット監督は本作について「いつまでもモンスターに廊下を追いかけられるシーンを続けることはできない。退屈してしまうからね」と、これまでのシリーズを越える衝撃が待ち受けることをほのめかしている。

続けて「こいつを作ったのが誰で、どうして作ったのか、今まで、誰も疑問に思わなかったことに私は気がついた。宇宙のかなたから来たモンスターとか、宇宙の果てから来た神、宇宙のエンジニアがこいつを作り出したと言っても良かったかもしれない。でも、誰もそうしなかった。『エイリアン:コヴェナント』は、そういった考えを方向転換させる」と、誕生を思わせるポスタービジュアルになっている理由を解消させる、ストーリーの一部も明かした。

エイリアンの姿だけでなく、明らかになった女性主人公ダニエルズがタンクトップ姿で銃を構える姿に、スコット監督の描く女性ヒーローという大きなレガシーにおけるダニエルズの役割も見て取れる。

ニュース 写真

このビジュアルは、日本解禁を皮切りに、世界各国の雑誌の表紙やオンライン上で順次掲載される予定。途方もない脅威と、かつてない驚き、衝撃に満ちた新たな神話に世界中の熱は高まるばかりだ。

映画「エイリアン:コヴェナント」は9月15日全国公開。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com