Narinari モバイル

“ツヨカワ格闘家”RENAの一押し女性ヒーロー
02/14 14:49 ナリナリ編集部


“ツヨカワ格闘家”として話題のシュートボクサー・RENAが、マーベル作品の“戦う女性ヒーロー”総選挙の開催を記念して、インタビューに応じた映像が解禁となった(https://www.youtube.com/watch?v=TlfTpL4mzf0)。

ニュース 写真

元スーパーヒーローの女性が主人公となる最新作「マーベル/ジェシカ・ジョーンズ」のジェシカ・ジョーンズが好きな“戦う女性ヒーロー”だというRENAは、本作を見て自分が「ジェシカに似ている!」と思ったという。

ニュース 写真

「練習でも人を追い込むことがすごい好きなので、結構Sっぽいと言われます(笑)。ジェシカは心の中に多少問題があって、解決したいんだけど…、みたいな心の葛藤も、昔の自分自身と重なったりして、共感して見ちゃいそうです。それに、私もお酒が好きです(笑)」と照れくさそうに共通点を告白した。

ストーリーについては「1話からまさかの展開で、少女を助けたと思ったらとんでもない事が起きて、のっけからすごいドラマだなって思いました(笑)。この先どうなるんだろう、って一発で引き込まれました。次々にいろんな事が起こって、ハマって見ちゃいそうですね」と、たった今見ていたかのように興奮気味に語った。

また、「自分自身に重ね合わせることができたり、ある意味身近な作品だと思います。その中で、ジェシカが車をパーンって止めたり、そういう非現実的で面白い要素も詰まってるので、いろんな楽しみ方ができます。アクションもすごいですよね」とその魅力を解説。さらにインタビュー映像の中では、マーベル作品の魅力や、アクションシーンについて格闘家ならではの感想も語っている。

総選挙のキャンペーンサイト(http://www.disney.co.jp/studio/campaign/marvelwoman.html)では、RENAのほかにも、世界で活躍するスポーツ選手や、人気の俳優・モデルたちが、マーベルの“戦う女性ヒーロー”に応援メッセ―ジを寄せている。

ニュース 写真

強くて美人で超ドSな女性主人公の活躍と、彼女の心の葛藤を描き、緊張感に溢れる刺激的なストーリー展開が見応えたっぷりの「マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1」。そして、同じ世界観を共有しながら数々のスーパーヒーローの活躍を描く“マーベル・シネマティック・ユニバース”の核となる、あの「アベンジャーズ計画」を行った国際平和維持組織、S.H.I.E.L.D.(シールド)誕生へとつながっていくストーリー「エージェント・カーター シーズン2」。両作品とも3月3日(金)にブルーレイ/DVDリリースとデジタル配信がスタートする。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com