Narinari モバイル

マイケル富岡と女優のデート、アレクが売った?
02/11 20:29 ナリナリ編集部


タレントのマイケル富岡(55歳)が、2月10日に放送されたバラエティ番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ系)に出演。昨年、女優とデートしていたところをモデルのアレクサンダー(34歳)に見つかったというエピソードを披露すると共に、アレクサンダーが写真週刊誌に“売った”と疑惑の目を向けた。

ニュース 写真

マイケルはこの日、「すごい気になっていた女優さんと初めてデートすることになって。良い感じになっていて、『旅行でもしたいね』っていう話から、『本屋さん行って、旅行の本見ながら、どこどこに行こうか』っていうデートで、代官山の蔦屋、すごいオシャレな本屋さんに行って」と、デートの詳細を告白。

そして「そこに行って、相手もバレちゃうといけないので帽子被って、マスクして、静かに2人で本を見てた。『ここいいね、行きたいね』って良い感じのときに、後ろからトントンって叩かれて『目立ってますよ!』」と言われたのが、偶然その場に居合わせたアレクサンダーだったそうだ。

一言、二言話してアレクサンダーは去ったものの、1〜2週間後に「写真週刊誌に出ちゃったんですよ」。そのため、アレクサンダーに「売ったでしょ!」と疑惑の目を向けてクレーム、司会の上沼恵美子(61歳)や共演者らも「あっ!」とアレクサンダーを疑ったが、当のアレクサンダーは「やるわけねぇじゃん。アニキが女の子連れてるの普通でしょ!? 誰も驚かないって。見て欲しそうだったよ。売ってない!」と否定していた。

ちなみに、マイケルとその女優の恋は、週刊誌の報道後に会いづらくなってしまったとのこと。また、アレクサンダーは、「(相手の女優は)すげぇかわいかった」「(マイケルは)蔦屋で本を読みながらずっとお尻触ってるんだぜ!!」と暴露していた。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com