Narinari モバイル

“ミツコ”響・長友がブレイク時の月収明かす
02/10 10:59 ナリナリ編集部


セーラー服を着た“ミツコ”のキャラクターなどで知られるお笑いコンビ・響の長友光弘(38歳)が、2月9日に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)に出演。ブレイク時の最高月収などについて語った。

ニュース 写真

響は、お笑い番組「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)に出演したことをきっかけにブレイク。出演前は、お笑いの“年収”が20万円ほどしかなかったという長友だったが、「レッドカーペット」に初めて出演した翌月、“月収”がいきなり50万円になったという。

さらに“月収”はどんどん増え、翌月100万円、翌々月150万円で、その次に最高“月収”の180万円になったそうだ。年収にすると1,800〜2,000万円弱になり、それが4年間続いた。

しかし、浮き沈みの激しい芸能界。この年収がそう長くは続かないと思った長友は、副業として地元・宮崎にラーメン店をオープンさせ、それが現在は年商5,800万円を上げる人気店に成長。3人の共同経営だというが、宣伝周りを担当するオーナーの一人として、東京でお笑いの仕事をしながらも、ラーメン店から収入が得られる状態になっているそうだ。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com