Narinari モバイル

パイナップルラーメン「パパパパパイン」閉店か
01/08 11:32 ナリナリ編集部


東京・西荻窪にある人気パイナップルラーメン店「パパパパパイン」が、今年4月末をもって、一旦閉店する意向であるとTwitterで報告している。

ニュース 写真

「パパパパパイン」は、東京・高田馬場の有名店「渡なべ」で修行した店主が、独立するにあたり“ココでしか食べられない味”をコンセプトに考案した、大好きなパイナップルとラーメンを融合させたラーメンを提供する店。スープの4分の1がパイナップルという奇抜なアイデアながら、各方面から「うまい!」「想像と違ってクセになる」「また食べたい」との声が殺到、多くのメディアでも取り上げられ、ラーメン激戦区の西荻窪・荻窪界隈の人気店となった。

ニュース 写真

ニュース 写真

しかし、「パパパパパイン」Twitter公式アカウントでは、新年の挨拶で「パイナップルラーメン屋さんパパパパパイン、明けましておめでとうございます! 私事で恐縮ですが、店主高齢につき2017年4月末頃にパパパパパインを閉店とさせて頂きます。32回目の誕生日を年末に迎え、寝る間も惜しみ1時間程熟考して出した答えなのでどうか御理解頂けましたらと思います」と、突然の別れを告知。

ニュース 写真

そして「パイナップルラーメン屋さんパパパパパイン、多くの閉店を惜しむお声を頂きまして大変感謝しております。6年弱という短い期間でしたが、3か月でつぶれると言われていた当店がここまで続けて来れたのも全て皆様のおかげと思っております。ありがとうございました!」と感謝の言葉をつづった。

ただ、その後考えが変わったようで、「皆様の温かいお言葉を頂き、熟考した結果、移転先を探していこうと決意致しました。今回の閉店理由は決して売上不振では無いので、年齢的にはがんばれば、あと50年くらいはやれるような気がしてきました」と、完全閉店は撤回するに至った模様。

最後は「パイナップルラーメン屋さんパパパパパイン、現店舗の修繕費や移転費用等を考えるととても現実的には厳しい状況ですので、残り4か月ですが、お誘い合わせの上、いつもよりハイペースで当店におこし頂きますよう御協力お願い出来ればと思っております。大変申し訳ございませんがよろしくお願い致します」と呼びかけている。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com