Narinari モバイル

本格カレーと魯肉飯がフュージョン
12/01 07:04 ナリナリ編集部


東京・大久保に12月1日11時、本格カレーと魯肉飯(るうろうはん)の店「SPICY CURRY魯珈(ろか)」がオープンする。

ニュース 写真

「魯珈」は、カレーと魯肉飯を由来として名付けられた店。カレー屋でありながら、スパイスから調合する手作り薬膳カレーと、台湾のソウルフードである魯肉飯の両方を合盛りで堪能することができる、新しいスタイルのフュージョン飯を提供する。

店内はカウンター席9席のみ。女性店主が1人で切り盛りし、きめ細やかなサービスで提供する。

ニュース 写真

魯肉飯は、台湾の屋台飯の定番として親しまれている食べ物だが、日本での認知度はあまり高くはない。インドカレーの名店「南インドカレー&バル エリックサウス」(東京・八重洲)で修行するとともに、過去に魯肉飯専門チェーン「髭鬚張魯肉飯」でアルバイトをしていた店主の強いこだわりにより、「ぜひ『魯肉飯』の美味しさも、カレーとともに知っていただければ」との想いから、フュージョンスタイルの「魯珈(ろか)」が誕生した。

店舗所在地は東京都新宿区百人町1-24-7 シュミネビル1F。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com