Narinari モバイル

志尊淳が舞台初主演で難役に挑む
12/01 07:00 ナリナリ編集部


「烈車戦隊トッキュウジャー」の主演・ライト/トッキュウ1号などで知られる俳優の志尊淳(21歳)が、2017年5月、KAAT神奈川芸術劇場大スタジオにて上演される舞台「春のめざめ」で主演を務めることが決定した。

ニュース 写真

志尊は、最近ではテレビドラマ「そして、誰もいなくなった」(日本テレビ系)、「プリンセスメゾン」(NHK)、「5時から9時まで〜私に恋したお坊さん〜」(フジテレビ系)、「表参道高校合唱部!」(TBS系)、そして映画「疾風ロンド」「全員、片想い」「先輩と彼女」など数々の話題作に出演し、活躍の場を広げてきた。

来年4月には、いま最も勢いのある主役級若手俳優陣が集結すると話題の映画「帝一の國」の公開が控えているほか、原作コミック累計発行部数420万部を記録する「きみはペット」(フジテレビ系)の14年ぶりのテレビドラマ化で、主演のペット“モモ”役にも抜擢されている。

そんな志尊にとって、「春のめざめ」は初めての舞台主演作品。物語の中心人物となるメルヒオール役として、思春期の少年たちの性の目覚めや苦悩を表現する。

ニュース 写真

本作の演出はKAAT神奈川芸術劇場・芸術監督の白井晃。2016年の芸術監督就任以来、近現代戯曲を現代に蘇らせるシリーズに取り組んでいる白井が、2017年度の第1弾の演出作品として手掛ける「春のめざめ」は、ドイツの劇作家ヴェデキントの名作戯曲だ。

1891年に書かれた本作は、そのセンセーショナルな内容から当時上演禁止の処分を受けたほど。2006年にブロードウエイでロックミュージカルとして上演され、第71回トニー賞8部門を受賞。日本では劇団四季が日本語版ミュージカル「春のめざめ」として上演し、話題になった。今回はストレートプレイでの上演となる。

今回の主演について、志尊は「この度、『春のめざめ』主演のメルヒオール役で舞台に立たせていただく事になりました。以前劇団四季でも上演されたことがあり、海外でも人気のある歴史ある作品に挑戦させていただける事、とても光栄に感じております。『春のめざめ』は難解な戯曲で、初めて白井さんにお会いした時に『稽古場は厳しくやるから頑張ってね』と激励の言葉をかけて頂きました。期待と同時にプレッシャーも感じていますが、白井さんの演出の元で誠実に作品と向き合い、同時に役者としても大きくなっていきたいと思います。公演が成功させられるよう、自分の全てをさらけ出して精進していきたいと思います」とコメント。

白井も「100年以上前に書かれた、『春のめざめ』という作品の中には、現代の若者にも通じる生きることへの悩みが組み込まれています。今回志尊君が演じるメルヒオールという人物は、常に自分を取り巻く環境と対峙しながら、自分を作ろうともがいています。そんな人物を演じることによって、自分自身の新たな面を発見してもらえればと思っています。一見、穏やかで柔らかな感触のある志尊君ですが、なかなか芯が強く、頑固で頑張り屋だと思っています。この作品を通じて、新たな志尊淳と出逢い、益々俳優として花咲いてくれることを願っています」と期待を寄せている。


☆「春のめざめ」ストーリー

ドイツの中等教育機関で学ぶ優等生のメルヒオール、友人で劣等生のモーリッツ、同級生のヴェントラ3人。ある日の帰り道、メルヒオールはモーリッツに『子供の作り方』を図解で説明すると約束する。成績のさえなかったモーリッツは、学校での過度な競争にたえられず米国への出奔を企てるものの果たせず、将来を悲観して自殺する。
一方、メルヒオールは半ば強姦のようにヴェントラと関係し、ヴェントラを妊娠させてしまう。自殺したモーリッツの遺品からはメルヒオールのメモが見つかり、ヴェントラとの事も発覚。自殺の原因とされたメルヒオールは親に感化院に入れられてしまい……。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com