Narinari モバイル

日米3か所に任天堂テーマパーク、国内はUSJに
11/30 01:14 ナリナリ編集部


ユニバーサル・パークス&リゾーツと任天堂は11月29日、任天堂ゲームの世界観を壮大なスケールでリアルに再現するテーマパークを、大阪(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)、オーランド(ユニバーサル・オーランド・リゾート)、ハリウッド(ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド)の3か所で展開すると発表した。

ニュース 写真

発表によると、このプロジェクトは来場者がゲーム世界を実体験できるテーマパークを開設するもの。一例として、「お馴染みのマリオやその仲間たちと出会い、ハテナブロックやパワーアップアイテムなどのアイテムを目の当たりにし、巨大なパックンフラワーが急に動き出すような、任天堂ゲームならではの楽しく独特な世界を実体験していただく予定」と、「スーパーマリオ」の世界をリアルに再現したアトラクションが挙げられている。

このプロジェクトには、任天堂のキャラクターと世界観を生み出した任天堂のゲームオリジナルの開発者たちと、ユニバーサルの大人気テーマパークを支えるクリエイティブチームが一丸となって取り組んでいるとのこと。

両社が目指しているのは「任天堂のゲームキャラクターたちに新たな息吹を与え、そのアクションや冒険を、ユニバーサルのテーマパークで現実の体験にすること」で、両社はそれらを実現するために、今までにない革新的な手法を用い、ゲーム画面で体験していた冒険やドキドキするような楽しさ、他にはない斬新さをリアルに再現して、実際に体験できるようにするという。

具体的な情報は後日発表となるが、テーマパークは複数のアトラクション、ショップ、レストランで構成。オープンの時期については、「今後数年の間に、それぞれのしかるべきタイミングでオープンする予定」としている。

なお、任天堂をテーマとしたエリアの具体的な内容については、ユニバーサルの各テーマパークより随時発表予定で、最初の発表は「近い将来を予定しています」とのことだ。





一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com