Narinari モバイル

「逃げ恥」の“ムズキュン”プレイバック
11/29 21:55 ナリナリ編集部


好調に推移する視聴率のみならず、毎週放送前後にネットで大きな盛り上がりを見せる女優の新垣結衣(28歳)主演ドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」(逃げ恥)。番組最後に流れる“恋ダンス”のほか、森山みくり(新垣結衣)と津崎平匡(星野源)の2人による、視聴者を虜にする“ムズキュン”が人気の秘密だ。

ニュース 写真

これまでの放送で順調に関係を築いてきた2人は、多くの視聴者を“ムズキュン”させてきた。

◎第3話「平匡さんが一番好きですけどね」

みくりと津崎の同僚のイケメン・風見とみくりが仲良く接することに嫉妬を覚える中、従業員・森山みくりとして雇用主・津崎に発せられた一言。この一言が津崎の心に浸透し、2人のぎこちない関係が修復していく。告白ともとれる突然のみくりの一言に“ムズキュン”した視聴者も多いだろう。


◎第4話「私の恋人になってくれませんか」

風見の家でも家事代行を行うことになったみくりに対し、またも閉鎖的な態度をとるようになった津崎にみくりが発した突拍子もない一言。この提案をする小賢しいみくりと、それにうろたえる津崎に“ムズキュン”する人が続出した。


◎第5話「ハグの前借り」

毎週火曜日を「ハグの日」に制定した2人。始めはぎこちないハグしかできない2人であったが、放送終盤には精神的に弱ったみくりの「ハグの前借り」リクエストに津崎が応え、おそるおそるみくりの頭を撫でるシーンに“ムズキュン”の嵐が巻き起こった。


◎第6話「突然のキス」

旅行券をもらい、「社員旅行」という名の「新婚旅行」に行くことになった2人は、「混浴」や「ダブルベッド」というハードルの高い旅行を何とか何事もなくこなしていく。帰りの車中、「旅行が楽しかった」と感じる津崎と「一方通行の想いに疲れ、この旅行を最後にしよう」と決意するみくり。互いに旅行が終わって欲しくないという思いの中、電車がホームに到着するやいなや、津崎がみくりに突然のキス。この突然の初めてのキスと、キスをした瞬間にエンディングに切り替わる演出に“ムズキュン”し、発狂する視聴者が続出。SNS上で大きな反響を呼んだ。

11月29日夜放送の第8話では、そんなみくりと津崎の2人にとうとう大きな試練、「離婚の危機」が訪れる。突然職場放棄し、実家に帰ってしまったみくり。「あの時みくりさんはどんな思いでここを出て行ったんだろう」と悩む津崎。第8話の予告動画の最後には、「ついに二人の契約結婚が…」と意味深な言葉も飛び出している。みくりと津崎の関係は一体どうなってしまうのか。果たして“ムズキュン”は見られるのか。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com