Narinari モバイル

水川あさみ主演で「東京女子図鑑」実写化
11/25 05:01 ナリナリ編集部


女優の水川あさみ(33歳)が、情報誌「東京カレンダー」の人気連載コラム「東京女子図鑑」の実写ドラマ化作品で主演を務めることがわかった。同作は12月16日より、Amazonプライム・ビデオにて見放題独占配信される。全11話で、毎週1話ずつ更新予定。

ニュース 写真

「東京女子図鑑」は、世界一のグルメシティ・東京の人気レストランや料理を徹底取材して、デートやビジネスに役立つグルメ情報を満載する情報誌「東京カレンダー」のWEB版で連載されてきた人気コラムの実写ドラマ版。2015年に書籍化もされ、幅広い女性層に人気を博している作品だ。

映画監督・脚本家としても活躍中のタナダユキ(「百万円と苦虫女」など)が監督を務め、水川は上京し、年齢や仕事、自分が置かれる環境によって成長・変化していく主人公の20代から40代までを演じる。また、ドラマのロケ地として、恵比寿や銀座といったリアルな場所で撮影を敢行。このドラマを通じて世界的にも注目される東京のリアルな情景を知ることができる。

今回の作品について、水川は「キラキラと眩しく輝く東京という街に憧れ、その東京で自分の価値観を見い出し、間違いと正解をふらふらと繰り返しながら生きる綾を演じます。綾が自分に似合う価値観と出会う事が出来るように、タナダ監督、スタッフ共に毎日東京の中心部での撮影は戦いです。どうぞ綾の成長記録に寄り添い、笑い、腹立て、見守ってやってください」とコメント。

また、Amazonプライム・ビデオ・コンテンツ事業本部長のジェームズ・ファレルは「東京カレンダーの影響力あるコラムが実写ドラマ化されることを大変嬉しく思います。本コラムは現代の東京に生きる、独身女性たちの恋や、仕事、生活がリアルに描かれています。インディーズ映画界で最も輝いている女性監督のタナダユキさんと、映画・テレビ・舞台で活躍される人気女優の水川あさみさんというコンビは、このドラマにはぴったりだと思います」と語っている。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com