Narinari モバイル

監督が明かす「スター・ウォーズ」意外な真相
11/22 16:03 ナリナリ編集部


最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の劇場公開(12月16日より)を控え、「スター・ウォーズ」熱がいっそう高まる中、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 3Dコレクターズ・エディション」ブルーレイ(7,000円/税別)が数量限定で11月22日に発売された。この発売を記念して、ブルーレイ2D本編に収録されているJ.J.エイブラムス監督による音声解説の一部が解禁となった。

ニュース 写真

この音声解説は、ハリソン・フォード演じるハン・ソロと、アダム・ドライバー演じるカイロ・レン(ベン)とが一対一で対峙するシーンについて、カイロ・レンの知られざる内面の葛藤を詳細に解説する内容。

監督は、本作最大級のハイライトともいえるこの衝撃シーンにおいて、「本当のことを言うと」と前置きをした上で、実はこの時、カイロ・レンは暗黒面から抜け出そうと決心していたことを告白。視聴者にとってこの意外な真相は、カイロ・レンに対する印象を少なからず変えるというだけでなく、次回作以降の展開を予測するヒントにもなり得るかもしれない。また、「エピソード5/帝国の逆襲」や「エピソード6/ジェダイの帰還」の脚本を手がけた故ローレンス・カスダンの息子が、このシーンに関わっているというエピソードもファンには興味深い。

ニュース 写真

このほかにも、音声解説では、監督の熱い「スター・ウォーズ」愛や、さらに作品をもっと深く理解できる内容も収録しているので、往年のファンはもちろん、本作で「スター・ウォーズ」に初めて触れる人も楽しめる、充実の内容になっている。

ニュース 写真

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 3Dコレクターズ・エディション」ブルーレイは11月22日発売。ブルーレイ3Dのほかに、ブルーレイ2D本編にはJ.J.エイブラムス監督の音声解説が付き、さらにブルーレイ ボーナス・ディスクには新たに30分を越える8つの素晴らしい映像を収録した。合計2時間30分を超えるボーナス映像を収めた、豪華パッケージ仕様によるファン垂涎のアイテムだ。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com