Narinari モバイル

戸次重幸、ゴールデンで“一人ラピュタ”披露
11/21 10:07 ナリナリ編集部


俳優の戸次重幸(43歳)が、11月20日に放送されたバラエティ番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演。ゴールデンタイムの人気番組で、堂々と特技の“一人ラピュタ”を披露した。

ニュース 写真

戸次は、スタジオジブリの名作「天空の城ラピュタ」に登場する各キャラクターのセリフ、状況説明、効果音、音楽をすべて1人でこなし、大きな動きでそのシーンを熱演する特技を持っている。ファンの間ではよく知られた芸で、これまでテレビ番組でも披露したことがあり、その都度、Twitterなどネットで話題を呼んできた。

今回は「戸次重幸の意外な一面」として、「天空の城ラピュタが好きで中学の頃から100回以上観ている。ほとんどのシーンを1人で再現できる」と紹介され、スタジオが驚きの声で包まれる中、“お気に入りのシーン”を実演する流れに。

チョイスしたシーンは「飛行石の光を示した先を示すシータと、それを聞いた後のドーラ一家の動き」と説明。放送上は30秒強だったが、「※実際は2分以上やりました」とテロップがついたほど、かなりの熱演を見せたようだ。

これにファンから、Twitterなどで「一人ラピュタ久々に見たwww」「いつ見ても愛が伝わるww」「カットしないで(笑)。フルでやるの見てみたいなぁ」「前見たときと違うシーン!」「戸次さんの一人ラピュタ最高」「一人ラピュタもっと見たいのに、どこで見られますか…」「ゴールデンで一人ラピュタやる戸次さん。すごいなぁ」といった声が上がっている。






一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com