Narinari モバイル

ウーマン村本とひろゆき、ネット炎上を語る
10/11 15:24 ナリナリ編集部


2ちゃんねるの創設者で元管理人の西村博之氏が、10月10日に放送されたニュース番組「AbemaPrime」(AbemaTV)に出演。ウーマンラッシュアワーの村本大輔、元NHKアナウンサーでジャーナリストの堀潤と共に、ネットでの攻撃や炎上について語り合った。

ニュース 写真

この日、西村氏は、村本と堀がお酒を交えて気になる人やニュースに迫るコーナー「居酒屋むらじゅん 酔いどれニュース道場」に登場。

人はなぜネット上で過激になるのか? というテーマについて、西村氏は「ストレスをネット上の誰かにぶつけているのでは」と話し、村本も「日頃の生活でたまったガス(ストレス)抜きにネットを利用してるんですかね」と、ネットとストレス社会についてトークを展開した。

また、西村氏は「自分自身は叩かれるというよりは訴訟をよく起こされますね」と笑いながら話し、「昔は(裁判で)負け続けていたけれど、問題となる投稿を削除するようになってからはずっと勝っています」と、日本では書き込みをした本人ではなく、投稿を消さなかった管理者側に責任が問われるなど、ネット上の書き込みに関する海外と日本の訴訟の違いについても話が及んだ。

そして西村氏は、昨年、アメリカ版の2ちゃんねる「4chan」の管理人になった際、その数日後にカリフォルニア州でテロが起き、4chanにテロ予告の投稿があったためFBIから多くのメールが殺到し、裁判所への召喚状が届いたといった驚きのエピソードを告白。その後もアメリカだけでなく、世界中の警察から問い合わせが来ることも明かした。

このコーナーVTRを受け、スタジオでは掲示板やSNSなどの匿名書き込みの攻撃性やネットの問題点について議論を展開。

堀は「炎上にみんな疲れてきているので、写真だけ投稿するSNSや投稿が消えるSNSが普及してきている。5年後、10年後には今とは違うものが主流になっているのでは」と指摘。また、村本は「テレビが安易すぎません? 何かあればすぐに炎上という言葉を使う。ネタがチープなんですよね」と、ネットの情報を取り上げるテレビメディアに苦言を呈した。

なお、西村氏との「居酒屋むらじゅん」は、10月17日(月)も放送。相手を論破する方法や西村氏が出会った天才についての話などを展開する予定だ。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com