Narinari モバイル

猫の供養に“猫缶”ロウソク、発売33年の「黒缶」ブランドとコラボ。
11/25 18:01 ナリナリ編集部


天国へと旅立ったペットの猫が、生前に好きだったものを供えてあげたい――。そんな飼い主の要望に応えるべく、ペットフードメーカーのアイシアと、ロウソクメーカーのカメヤマがコラボ。発売33年を迎えたロングセラーキャットフード「黒缶」をモチーフにした「黒缶キャンドル」を12月1日に発売する。価格は714円(税込み)。販売ルートは全国の仏壇仏具店。

ニュース 写真

「黒缶キャンドル」はカメヤマが2009年から展開している、故人の好物をモチーフに製作したロウソクおよび線香のシリーズ「故人の好物」の新商品として登場するもの。同シリーズはすでに「鍋焼きうどん」や「味噌煮込みうどん」「信州そば」「おでん」「カレー」「寿司」「明太子ごはん」「たこ焼き」「芋焼酎」「とんこつらーめん」「ペプシコーラ」「おしるこ」「おはぎ」「冷やし中華」「讃岐うどん」「もみじ饅頭」「シャンパン」「ワンカップ大関」「大関甘酒」「森永ミルクキャラメル」などなど、多彩なロウソクや線香をラインアップしている。

ニュース 写真

そして今回登場するのが、人ではなく、他界した猫を供養するためのロウソクだ。パッケージはもちろん、まぐろのフレークをイメージした中身も「黒缶」さながらの仕上がり。特にロウによるフレークの再現性がすこぶる高い。

サイズは気軽に墓前や仏前に供えられるよう「黒缶」よりも一回り小さく、かつ軽量。また、香りは無臭でスス(油煙)も出にくい設計となっている。

今回のコラボは、現在犬や猫の飼育数が1,000万頭を超え、ペットがパートナーや家族の一員として意識されるようになり、多様化したフードや用品、施設、サービスが求められていることが背景にある。そうした中でペットの供養も身近なものとなり、人と同様に生前好きだったものを供えてあげたいという飼い主の要望から「黒缶キャンドル」が誕生したという。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com