Narinari モバイル

日・米『体感温度』事情。
05/05 15:42 Maki K Wall@駐米特派員


今夜のセントルイスは大荒れの天気。雷雨注意報に雷雨警報、さらには竜巻注意報まで出ていて、ちょっとドキドキしながら雷と風の音を聞いています。

さて、突然関係のない話題ですけど、日本からアメリカに引っ越して来て間もない頃、とても驚いた事があります。それは、こちらの人達は随分薄着だという事。

季節に限らず、年中室内では半そでって人が多いんですよね。真冬でも、日本人なら肌着、シャツ、その上にさらにセーターって感じなのに、アメリカ人の友人はTシャツ一枚で、さらに寝る時も薄い毛布一枚。夏ならさらに、冷房ガンガンの中、扇風機の風を直に浴びながら毛布ナシで寝ているし・・・・。

何故か分からないのですが、アメリカ人の人は日本人と比べて体感温度がかなり上。考えてみれば、アメリカで『冷え性』って言葉はあんまり聞かない様な気が。一論によると、肉中心の食生活だと「暑がり」になるとかなんとか・・・・。

そういえば、私もアメリカに来たばかりの頃は、こちらの空調の設定温度の低さに苦しんだのですが、今じゃ「冬でもTシャツ」の仲間入り。日本人の友人からは、毎度変な目でみられています。

慣れって怖い。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com