Narinari.com | 運営者紹介
運営者紹介。

 Narinari.comは1999年10月4日から、盆暮れ正月、祝祭日も関係なく、1日も更新を休むことなく運営されているニュース&コラムサイトです。広く世間に流れるニュースから、密かなブームを起こしている話題、噂話に至るまで、幅広く情報をお届けしています。

 扱うニュースは幅広く、全部で8ジャンル(スポーツ、インターネット・パソコン、モバイル、AV・デジタル、ゲーム、芸能・音楽、映画・DVD、社会・経済)、それにちょっとした話題を提供する「よもやま話」を加えた合計9ジャンルで構成されており、速報性よりも話の広がりに重点を置いて記事を作成しています。そのため、ほかのサイトに比べるとかなり長文の記事となっているのが特徴です。

 また、特集記事「ナリスペ!」では、さまざまな話題モノや、各ライターが体験したこと、面白いと思ったものなどをレポート。ニュースとは違った角度から話題を提供しています。




【コ○助/池田豪彦】代表、ライティング担当
 Narinari.comの代表。大学4年のときにNarinari.comを開設し、デジタルハリウッド、フリー、Yahoo! JAPANを経て、再びフリーで活動。
Yahoo! トピックスでの経験を活かしながら、Narinari.comの運営やソーシャルネットワーク「mixi」のニュースアドバイザーを担当中。毎日更新が信条のため、一日たりとも家を空けることができず、旅行などに行けないのが悩み。食べることがとにかく好きな食いしん坊のため、Narinari.comの運営にもその嗜好が色濃く反映されている。誤字脱字が嫌い。「週刊アスキー」にて「ケータイが好き!」、日経BPのメールマガジン「BPnetメール」にて「ネットシーカーズ」、「日経エンタテインメント」にて「.ent!」を連載中。過去の連載は日経BPのWEBサイト「ネットビジネスTODAY」にて「ネットビジネス成功の方程式」など。



【てきれつ】プログラム、ライティング担当
 Narinari.comのプログラム部分のすべてを担当。新しいモノ、特にパソコンや周辺機器、家電製品を好み、給料のほとんどを購入に充てている物欲大王。コ○助とは長い付き合いのため、涙を流しながら無給でプログラム開発をさせられている。旅行とサーフィンをこよなく愛し、通勤ラッシュの中でプログラムを考えるのが日課のサラリーマン。



【Maki K Wall@駐米特派員(ウォール真木)】 ライティング担当
 主婦兼ライター。Narinari.com参加以前はAll About Japanの「CGI・Perl」ガイドとして活躍していた。高校までは長野県でのんびりと暮らしていたが、高校卒業後にアメリカのウェストバージニア州立大学に留学。大学卒業後に今度はイギリスに留学し、経営学修士(MBA)を取得。その後会社勤務を経て現在は2児の母として子育てに奮闘している。著書に「アメリカの弁護士は救急車を追いかける―アメリカの不思議なジョーシキ114」(宝島社文庫)。日経BPの「デジタルARENA」にて「アメリカ在住 ミセス・マキのUSA『お茶の間』通信」「アメリカ家電 そりゃナイス!」を連載中。



【コジマリョウヘイ】ライティング担当
 草野球と隅田川、江戸時代と阪神をこよなく愛する、下町育ちの江戸っ子サラリーマン。突然、大学を3年で中退し、勤めたバイト先でコ○助やてきれつと出会う。バイト在職中、思い立った3日後に地図も持たないで自転車で京都に向かい、旅先で短パンの上に借り物のジャケットやネクタイを着けて撮った履歴書が見事通り、現在の会社に入社するなど、性格は行き当たりばったり。周りに変人扱いされているが、本人は至ってノーマルだと思っている、三十路間近のシャイガイ。虫と高いところが苦手。日経BPの「デジタルARENA」にて「ネットで音楽三昧生活 今、注目のアーティスト」「携帯音楽プレーヤーマスターへの道」を連載中。


トップへ戻る

Narinari.com | 運営者紹介

©Narinari.com