衝撃与えた「セックス検索」事件の真相、しょこたんが著書で告白へ。

2008/01/18 19:55 Written by コ○助

このエントリーをはてなブックマークに追加


しょこたんが、Googleで「セックス」を検索していた……。「まさか」の情報がネットを駆け巡ったのは、昨年9月のことだったなり。アイドルという職業を生業とする者にとって、ある意味「セックス」はタブーワード。にも関わらず、しょこたんは堂々と「セックス」検索を示唆する写真をブログに掲載したことで、当時、ネットは騒然としたなりよ。

「しょこたん☆ぶろぐ」に問題の写真が掲載されたのは、「リバース」とタイトルの付けられた2007年9月18日のエントリー。エントリーの中身はラジオ番組「しょこたんごっこ」が終了することを「一年続いたごっこがなんと今月中におわっちゃうっお…(´;ω;`)アンビバぶーりん(´;ω;`)おっお(´;ω;`)」と悲しんでいるもので、特に「セックス」に関する記述は見られないなりが、写真の中にブラウザのGoogleツールバーの「最新検索履歴」が写り込んでおり、そこに「セックス」という文言がバッチリ載っていたなりね。

これを受け、ネットでは「新手のプロモーションか」「しょこたんもお年頃の女の子だから……」等々、さまざまな反応が見られたものの、その後、中川翔子からフォローの言葉が出されるわけでもなく。「しょこたんが『セックス』を検索していた」という事実だけが、ネットの歴史に刻まれたなりね。

あれから半年。すでにこの騒動を忘れかけていた人も多いと思うなりが、1月25日に発売される「しょこたん☆ぶろぐ」の書籍化第3弾となる「しょこたんぶろぐ 貪欲デイズ」で、この「セックス検索」事件の真相を告白しているなりよ。ネタにしているあたり、もう蒸し返さなくても良いのに……と心配するほど生々しい話ではないということなりか。それとも、やや言い訳っぽい内容に終始するのか……。

ちなみに、「しょこたんぶろぐ 貪欲デイズ」では、昨年10月13日にブログで告白した「痴漢被害」について、若い男性に左胸をもまれる模様を水木しげる風タッチの自作マンガで描いた作品も収録されているそう。「セックス検索」事件の真相ともとも、興味ある人はぜひチェックしてくださいませ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.